ヘンプを原材料とするCBDグミ製品、本当に合法?

ヘンプを原材料とするCBDグミ製品、本当に合法?

ニュースで芸能人たちがヘンプ所持で逮捕されているのを見ているからか、反社会的勢力の収入源となっているからか、日本人の違法薬物に対する目は厳しいです。

その危険な存在と同じくヘンプを原材料とするCBDグミ、可愛らしいグミの形状をしているものの本当に合法なのかと注文の手を止めてしまった方は多いかもしれません。

摂取するだけでなく所持しているだけでも逮捕、ただしそれは葉と花から抽出されたTHCという成分です。

THCこそが危険な精神作用・幻覚・幻聴といった症状を引き起こすのです。

一方でCBDはというと、茎の部分から抽出された成分です。

ヘンプが原材料というのは同じですが、その実は七味唐辛子に入っています。

実から抽出されたオイルだってスーパーで普通に買うことが出来て、ヘンプイコール危険といった考え方が誤っていることは分かるでしょう。

夏場には麻素材が風通しも良く快適で、実は日本人の暮らしに欠かせないものとなっているのです。

THCが違法なのは危険な作用が多数あるからです。

それでも何とか使用者がいるのは依存性ゆえです。

興味本位で・少しでも日々のストレスを減らしたいと軽い気持ちで始めたのかもしれません。

でも次第にそれが無いとダメな身体になって、高いお金を出してでも買うようになるので悪徳業者の商売として成り立つのです。

CBDは依存性をむしろ軽減してくれる効果あり、電子タバコでCBDリキッドを摂取する方が増えているのもニコチン依存症を改善してくれるからというのもあります。

ヘンプと考えると怖いかもしれませんが、植物由来と聞けば副作用が少なく安全というのも理解できるのではないでしょうか。

少し前までは海外からCBDグミなどのCBD製品を手に入れるには個人輸入くらいしか方法がありませんでした。

ですがどんどんと取り扱う代理店も増えてきています。

試してみてその良さを知る方が増えればもっともっと身近になって、スーパーマーケットなどに普通に置かれてあれば、まさかCBDグミは違法なのではと怖がる方はいなくなるでしょう。

今だって実は、ドンキホーテなどのサプリメントコーナーに置かれてあったりするのです。

とは言え危険なTHCが入っているCBD製品も海外ではあり、それを日本に取り寄せたら法律違反で捕まります。

信頼できる大手の販売店で購入したCBDグミならば合法、個人輸入などで手にいれた場合に違法の可能性もありということは知っておいた方が良さそうです。